テーマ:映画ソ

chapter2648:続・青い体験

ピエール・ルメートルの「その女アレックス」を読了。 「このミステリーがすごい!」や「ミステリが読みたい!」で1位を獲得するなど、去年評判となったフレンチ・ミステリーです。 3部構成の作品で登場人物は共通していているのですが、各部ごとに味わいが違います。 自分はセバスチャン・ジャプリゾの「シンデレラの罠」やアイラ・レヴィンの「死…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

chapter2623:ソフィー・マルソーの三銃士

ソフィー・マルソーの三銃士(1994) LA FILLE DE D'ARTAGNAN 監督:ベルトラン・タヴェルニエ 出演:ソフィー・マルソー、フィリップ・ノワレ、クロード・リッシュ 17世紀のフランス。 銃士ダルタニアン(ノワレ)の娘エロイーズ(マルソー)は母が亡くなってからプロヴァンス地方にある修道院に預けられていまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

chapter2447:俗物図鑑

何とジョージ・デュークの訃報です (T_T) 彼の名前を初めて意識したのはスタンリー・クラークと組んだクラーク・デューク・プロジェクトでした。 そのクラーク・デューク・プロジェクトから「Sweet Baby」を。 こちらは代表曲「Reach Out」のライブ演奏です。 どんなジャンルの音楽にも対応できる高い演奏技術だけでなく…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

chapter2412:ソルジャー・ボーイ

ソルジャー・ボーイ(1972) WELCOME HOME, SOLDIER BOYS 監督:リチャード・コンプトン 出演:ジョー・ドン・ベイカー、アラン・ヴィント、ポール・コスロ ベトナム戦争から帰還したダニー(ベイカー)、キッド(ヴィント)、シューター(コスロ)、ファットバック(エリオット・ストリート)の4人は共同で何か事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

chapter2310:ソロモンとシバの女王

ソロモンとシバの女王(1959) SOLOMON AND SHEBA 監督:キング・ヴィダー 出演:ユル・ブリンナー、ジーナ・ロロブリジーダ、ジョージ・サンダース 紀元前1000年頃、古代イスラエル王国の王子ソロモン(ブリンナー)は兄のアドニア(サンダース)と共にエジプトを中心とした連合軍と戦っていました。 戦況は有利でし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

chapter2260:それでも、愛してる

それでも、愛してる(2011) THE BEAVER 監督:ジョディ・フォスター 出演:メル・ギブソン、ジョディ・フォスター、アントン・イェルチン 玩具会社の二代目社長ウォルター・ブラック(ギブソン)は、ある日突然、鬱病になってしまいます。 医者にかかり色んな治療法を試しますが、全て効果がありません。 1日のほとんどをベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

chapter2119:組織

組織(1973) THE OUTFIT 監督:ジョン・フリン 出演:ロバート・デュヴァル、カレン・ブラック、ジョー・ドン・ベイカー 2年3ヶ月の刑を受けて出所してきたマクリン(デュヴァル)を出迎えたのは愛人のベット(ブラック)でした。 マクリンは彼女が予約したモーテルへ案内されますが、なぜかベットは落ち着かない様子。 彼…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

chapter1962:捜索者

日曜洋画劇場、1979年4~6月分の放映リスト。 (再)は再放送です。 4月1日「大列車強盗」(1972)  監督:バート・ケネディ、出演:ジョン・ウェイン 4月8日「真珠湾〔パール〕 運命を変えた四日間・前編」(1978)  監督:ハイ・アヴァーバック、アレクサンダー・シンガー、出演:デニス・ウィーヴァー 4月15日「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

chapter1927:ソイレント・グリーン

ゴールデン洋画劇場、1978年4~6月分の放映リスト。 (再)は再放送です。 4月14日「ラッキー・レディ」(1975)  監督:スタンリー・ドーネン、出演:ライザ・ミネリ 4月21日「ソイレント・グリーン」(1973)  監督:リチャード・O・フライシャー、出演:チャールトン・ヘストン 4月28日「ゲッタウェイ」(19…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

chapter1841:ソーシャル・ネットワーク

ソーシャル・ネットワーク(2010) THE SOCIAL NETWORK 監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク 2003年の秋、ハーバード大学の2年生マーク・ザッカーバーグ(アイゼンバーグ)は、ガールフレンドのエリカ(ルーニー・マーラ)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

chapter1742:ゾンビランド

大相撲春場所の中止が決まったようです。 八百長に関しては、ほとんどの相撲ファンが『してるだろうなぁ…』と思っていたでしょう。 自分もショックはないのですが、『やっぱり…』と残念ではあります。 それよりも驚いたのは、大相撲1場所の放映権料としてNHKが約5億円も払っていること。 15日間あるとは言え、払いすぎじゃないかなぁ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

chapter1715:空から赤いバラ

月曜ロードショー、1973年4~6月分の放映リストです。 4月2日「ネレトバの戦い・前編」(1969)  監督:ヴェリコ・ブライーチ、出演:ユル・ブリンナー 4月9日「ネレトバの戦い・後編」(1969)  監督:ヴェリコ・ブライーチ、出演:ユル・ブリンナー 4月16日「タヒチの男」(1966)  監督:ジャン・ベッケル、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

chapter1709:続・さすらいの一匹狼

ゴールデン洋画劇場、1973年1~3月分の放映リストです。 1月5日「腰抜け千両役者」(1950)  監督:ジョージ・マーシャル、出演:ボブ・ホープ 1月12日「アンツィオ大作戦」(1968)  監督:エドワード・ドミトリク、出演:ロバート・ミッチャム 1月19日「王子と踊り子」(1957)  監督:ローレンス・オリヴィ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

chapter1699:続・黄金の七人 レインボー作戦

水曜ロードショー、1972年10~12月分の放映リスト。 〈 〉内は放送時のタイトルです。 10月から水野晴郎さんが解説者として登場しますが、まだ1時間半枠。 2時間枠になるのはもう少し先です。 10月4日「続・黄金の七人 レインボー作戦」(1966)  監督:マルコ・ヴィカリオ、出演:ロッサナ・ポデスタ 10月11…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

chapter1652:続・荒野の用心棒

日曜洋画劇場、1971年7~8月分の放映リスト。 (再)は再放送です。 7月4日「或る殺人」(1959)  監督:オットー・プレミンジャー、出演:ジェームズ・スチュワート 7月11日「続・荒野の用心棒」(1966)  監督:セルジオ・コルブッチ、出演:フランコ・ネロ 7月18日「鉄道員(再)」(1956)  監督:ピエ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

chapter1404:続・夜の大捜査線

ネットのダイレクト・メールでポール・ポッツの来日が決まったことを知りました。 この人、イギリス版の「スター誕生!」(ちょっと違うか?)で優勝した人ですよね。 http://www.youtube.com/watch?v=1k08yxu57NA その後、プロになっていたんですねぇ。 驚いたのは日本公演の呼び屋がUDOだったこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

chapter1375:ソルジャー・ブルー

ジェームズ・キャメロン監督、久々の新作「アバター」の映像が一部公開されました。 http://mainichi.jp/enta/cinema/news/20090822spn00m200010000c.html どうやら噂どおり3D映画になるようですね。 でも個人的には専用メガネは疲れるし、吹替版でしか見られないから3D映画は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

chapter1273:ゾンゲリア

今週は仕事が忙しくて、まともに映画を見る時間も取れませんでした (T_T) ようやく一段落したので、今週末からはいつものペースに戻れそうです。 予約してあった新作のDVDが、何本も封を切らないまま積みっぱなしになっています。 ネットでレンタルした映画も自宅に届いて2週間ぐらい放置したまま。 普通のレンタル店とは違ってネット・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

chapter1156:続・猿の惑星

劇場で映画を見た時のエピソード回顧の第2回目は「ヘルハウス」です。 私の記憶が正しければ…。 この映画を見たのは“千日前セントラル”という映画館。 ナンバの劇場街からは少し離れた道具屋筋商店街の中にあるので、あまり目立たない映画館でした。 たまに近くの大きな映画館のサブとして大作が上映されることはありましたが、普段は少し地味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

chapter1090:それぞれのシネマ

アメリカで「ガソリンの生涯、無料提供」が賞品になった宝くじが登場しました。 http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20080710038.html 年間で2600ドルという上限があるようですが、これは人気になるでしょうね (^^) それぞれのシネマ(2007…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

chapter1030:ゾンビーノ

陸上の100メートル障害でハードルの間隔が48センチもズレていたそうです。 http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2008/04/30/09.html やはり選手は体感で違いが解るのでしょうね。 それにしても、お粗末な運営…。 ゾンビーノ(2006) FIDO 監督:アンドリ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

chapter970:それでも生きる子供たちへ

スペースシャトルの機密をスパイしたとして逮捕者が出たようです。 http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20080212003.html 映画の中だけの話かと思っていたら、こういうことって実際にあるんですねぇ。 それでも生きる子供たちへ(2005) LES …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

chapter874:未知空間の恐怖/光る眼

デボラ・カーの訃報です。 http://mainichi.jp/select/person/news/20071019k0000m060147000c.html 「地上より永遠に」「王様と私」「めぐり逢い」など多くの名作に出演していますが、個人的には「黒水仙」の彼女が一番印象に残っています。 ご冥福をお祈りします。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

chapter829:それでもボクはやってない

黒沢清監督初期の某ホラー映画が、“ようつべ”にアップされていました。 昔にビデオで見て、もう一度見たかったんですよね、この映画。 以前に探した時はなかったのですが、数日前にアップされたようです。 諸事情でこの映画もソフト化される気配がないようですね。 いつ消えてしまうか解らないので、これは今夜にでも見ておこうと思っています。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

chapter788:ゾディアック

何と先週からこれで3本目。 自分でも驚くほどのペースで劇場へ出掛けてます (^^;; 次は「ダイ・ハード4.0」でしょうかね。 予告編を見る限り、アクション・シーンは大幅にパワーアップしたような印象を受けますが、やはり期待半分、不安半分というところです。 大林監督のセルフ・リメイク「転校生」は、見たいような見たくないような……
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

chapter719:続・夕陽のガンマン/完全版

本日、確定申告を済ませてきました。 何となく、気分が軽くなった感じです (^^)/ 続・夕陽のガンマン/完全版(1966) IL BUONO, IL BRUTTO, IL CATTIVO 監督:セルジオ・レオーネ 出演:クリント・イーストウッド、リー・ヴァン・クリーフ、イーライ・ウォラック お尋ね者のトゥーコ(ウ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

chapter716:相続人(1998)

「特選!! 米朝落語全集」、堪能しました。 ふと疑問に思ったのが、『こういう古典落語って、今の若い人にはストーリーが理解できるのかなぁ…』と。 このDVDは1990年頃に収録されたものですが、米朝もネタによっては古い習慣などを枕で説明してから落語を始めていました。 それから15年以上も経っています。 例えば、ほとんどの落…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

chapter436:ソウ2 SAW II

WBCは決勝でキューバを破った日本が優勝で、めでたしめでたし…。 http://www.sponichi.co.jp/baseball/flash/KFullFlash20060321014.html テレビでアナウンサーが“世界一”を強調すればするほど、胡散臭く聞こえてくるような大会でしたが、準決勝と決勝は思っていた以上に楽し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

chapter381:存在の耐えられない軽さ

大相撲の新十両、猛虎浪の化粧まわしに阪神タイガースからクレームが…。 http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2006/01/13/01.html 確かに虎の顔が右向きと左向きで違いますし、縞模様も良く見ると違っているようです。 でも、これは誰が見てもタイガースの球団マークのパクリですね (…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

chapter345:底抜け大学教授

今朝の近畿地方は、六甲山も初冠雪とこの冬一番の冷え込みだったようです。 http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/tenki/news/20051205k0000m040062000c.html 冷え込みと同時に、イヤ~な静電気も…。 今日は車を乗り降りするたびに、バチッ~と来て困りました (>…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more