テーマ:映画ヨ

chapter2671:吉原炎上

ジョン・ディクスン・カーの「火刑法廷」を読了。 2011年に出た新訳版です。 久しぶりの再読なので旧訳版との違いは分かりません。 魔女と呼ばれた毒殺魔、壁をすり抜ける幽霊、消失する死体…と、まさにカーらしいオカルト要素満載の作品。 エピローグの内容に賛否両論あるようですが、個人的にはこういうのもあって良いと思っています。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

chapter2528:妖婆 死棺の呪い

元日に横山秀夫の「震度0」を読了。 Kindleのセール中に199円で買った本です (^^;; 横山秀夫は昨年に「64」が評判になりましたし、「半落ち」や「クライマーズ・ハイ」などの映像化作品を見ていますが小説は未読。 どうやらこの「震度0」もドラマ化されたようです。 1995年1月17日、阪神淡路大震災の日にN県警の警…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

chapter2163:歓びの毒牙

歓びの毒牙〔きば〕(1970) L' UCCELLO DALLE PLUME DI CRISTALLO 監督:ダリオ・アルジェント 出演:トニー・ムサンテ、スージー・ケンドール、エンリコ・マリア・サレルノ アメリカ人の作家サム(ムサンテ)は休養を兼ねてローマに滞在していましたが、そろそろ帰国するつもりでした。 ある夜、サム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

chapter2091:四銃士

元ザ・バンドのドラム、レヴォン・ヘルムの訃報です。 ほぼ全員がボーカルを取っていたザ・バンドの中でも、彼の声が一番好きでした。 「ラスト・ワルツ」から彼がボーカルを取っている「The Night They Drove Old Dixie Down」を。 リンゴ・スターのオールスター・バンドのメンバーとしてリック・ダンコと一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

chapter1760:要塞

月曜ロードショー、1974年7~9月分の放映リスト。 (再)は再放送です。 7月1日「荒野の用心棒」(1964)  監督:セルジオ・レオーネ、出演:クリント・イーストウッド 7月8日「続・荒野の用心棒」(1966)  監督:セルジオ・コルブッチ、出演:フランコ・ネロ 7月15日「世にも怪奇な物語(再)」(1967) …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

chapter1733:夜の訪問者

月曜ロードショー、1973年10~12月分の放映リストです。 10月1日「夜の訪問者」(1970)  監督:テレンス・ヤング、出演:チャールズ・ブロンソン 10月8日「トコリの橋」(1954)  監督:マーク・ロブソン、出演:ウィリアム・ホールデン 10月15日「真昼の用心棒」(1966)  監督:ルチオ・フルチ、出演:…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

chapter1679:4匹の蝿

ついにビートルズの曲がiTunesでダウンロードできるようになるというニュースです。 まあ、好きな人はとっくに自作で入れてるでしょうけどね。 自分も一時期、携帯の着メロをビートルズにしていました (^^;; 4匹の蝿(1971) QUATTRO MOSCHE DI VELLUTO GRIGIO 監督:ダリオ・アルジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

chapter1595:夜の豹

放送日が月曜に移行してレギュラー放送になった「月曜ロードショー」の1969年10~12月分の放映リスト。 ここからの解説は間違いなく荻昌弘さんです。 第1回目の「引き裂かれたカーテン」は劇場公開から僅か3年後。 こんな“最新作”がテレビ放映されるのは、当時としては珍しかったのではないでしょうか。 10月6日「引き裂かれた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

chapter1537:ヨーク軍曹

日曜洋画劇場、1967年10月分の放映リスト。 〈 〉内は放送時のタイトルです。 10月1日「ヨーク軍曹」(1941)  監督:ハワード・ホークス、出演:ゲイリー・クーパー 10月8日「西部の人」(1958)  監督:アンソニー・マン、出演:ゲイリー・クーパー 10月15日「カサブランカ」(1943)  監督:マイケル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

chapter1405:夜の大捜査線 霧のストレンジャー

パ・リーグは日ハムがサヨナラで優勝を決めました。 http://mainichi.jp/enta/sports/baseball/news/20091007spn00m050018000c.html 北海道へ本拠地が替わってから本当に強くなりましたねぇ。 ファイターズ・ファンの方、おめでとうございます。 夜の大捜査線…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

chapter1403:夜の大捜査線

ホークス一筋だった“あぶさん”が引退です。 http://mainichi.jp/enta/mantan/news/20091003mog00m200014000c.html 確か景浦選手の背番号「90」はソフトバンクで欠番扱いだったはず。 ここまで愛されたマンガの主人公も珍しいですね。 夜の大捜査線(1967) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

chapter1120:40歳の童貞男

星野ジャパン、オランダに順当勝ちで2勝目です。 http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2008/08/16/01.html ダルビッシュが丸刈りにしていたようですね。 田中マー君が道連れにされたようです (^^;; 40歳の童貞男(2005) THE 40 YEAR OLD…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

chapter1074:4分間のピアニスト

プロ野球の交流戦はソフトバンクが初優勝です。 http://www.sponichi.co.jp/baseball/flash/KFullFlash20080622077.html 残念ながら、阪神は同率の2位でした。 ソフトバンク、ファンの皆様、おめでとうございます。 4分間のピアニスト(2006) VIER M…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

chapter940:陽気なギャングが地球を回す

あの「人生ゲーム」がオーダーメイド出来るそうです。 http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20080109044.html 金婚式や銀婚式などのプレゼント用には良いかも知れませんね。 個人的には自分の人生が再現されるゲームなんて遊びたくないですけど (^^;; …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

chapter859:妖精たちの森

今日から大阪の御堂筋で喫煙すると1000円の罰金です。 http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20071001016.html 少しずつ範囲を広げるべきだと思いますし、もっと罰金の額を上げて良いかも知れません。 自分は1日20本ぐらい煙草を吸う喫煙者ですが、この条例…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

chapter776:四十挺の拳銃

昨年、EU圏で押収された海賊版の86%が中国製だそうです。 http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/news/20070601k0000e030007000c.html 中国の次がマレーシアの4%って、差がありすぎ (@_@) 四十挺の拳銃(1957) FORTY GUNS 監督…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

chapter623:蘇える金狼(1979)

一向に盛り上がっていない日米野球。 ハワードのホームランでアメリカが連勝です。 http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2006/11/05/01.html 大リーグは良いメンバーを揃えていると思いますが、日本が…。 昨日の投手陣も、先発・西村で、小倉、三井、福盛ですからねぇ。 馬原…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

chapter603:妖婆の家

同じ虎でも海の向こうの“タイガーズ”は頑張っているようです。 http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2006/10/16/13.html 22年ぶりのリーグ制覇ですか。 デトロイト・ファンの皆様(いるのかな?)、おめでとうございました (^^) 妖婆の家(1965) THE…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

chapter517:歓びを歌にのせて

実在したブッチ・キャシディとサンダンス・キッドの最期は自殺だったようです。 http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/cinema/news/20060629k0000e030017000c.html 「映画を知る人にはショックかもしれない」と書かれていますが、実話がベースでも小説や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

chapter235:妖怪百物語

昭和40年代、TVに押されて斜陽と言われていた映画業界ですが、小学生が自転車で行ける半径数キロ内に映画館が4~5軒ありました。 多分、ちょっとした地方都市では、どこでもそうだったのではないでしょうか。 そのほとんどが邦画の封切館で、東宝、東映、松竹、大映、日活の5社が自社の映画を掛けていました。 それらの映画館では、春・夏・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

chapter33:世にも怪奇な物語

個人的な2004年のベスト10などが、どこのサイトやブログでも発表されているようです。 で、自分も…と思ったんですが、ほとんど去年の新作を見てないのです (^^;; 「21グラム」や「ロスト・イン・トランスレーション」などの話題作も年末にようやくDVDで見た始末。 最近はDVDで見ることが多いので、いつ公開されたのか気にせず…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more