chapter2354:ダージリン急行

画像ダージリン急行(2007)
THE DARJEELING LIMITED
監督:ウェス・アンダーソン
出演:オーウェン・ウィルソン、エイドリアン・ブロディ、ジェイソン・シュワルツマン


長男フランシス(ウィルソン)、次男ピーター(ブロディ)、三男ジャック(シュワルツマン)のホイットマン兄弟は父親の葬儀以来、絶縁状態でした。
バイクの事故で瀕死の重傷を負ったフランシスの提案で3兄弟は約1年ぶりに集まり、列車ダージリン急行でインド旅行をすることになります。
ところが、集まったものの3人とも考え方はバラバラ。
フランシスはピーターが父親の遺品を独り占めにしてると非難し、ジャックは誘ってモノにしたスチュワーデスのリタ(アマラ・カラン)との関係の方が気になるようです。
フランシスが立てたスケジュールに従って3人は千牛寺を訪れますが、ピーターの買った毒蛇が列車内で逃げ出す騒動に。
それが原因で3人は次の駅で降ろされることになります。
やがてフランシスは父親の葬儀にも来なかった母親(アンジェリカ・ヒューストン)がヒマラヤで尼僧になっていることを告げ、3人で会いに行くことにするのですが…。

独特の作品を撮り続けてカルト人気のあるウェス・アンダーソン監督によるロードムービー。
DVDにはシュワルツマンとナタリー・ポートマンが出演した「ホテル・シュヴァリエ」という13分の短編が収録されていますが、どうやら劇場公開時もこの短編が同時上映だったのだとか。
「ダージリン急行」のプロローグ的な内容なので、まず「ホテル・シュヴァリエ」をご覧になることをお薦めします。
そのナタポーも本編ではワンカットだけカメオ出演していました。

本編「ダージリン急行」の主役はオーウェン・ウィルソン、エイドリアン・ブロディ、ジェイソン・シュワルツマンの3兄弟。
他にもアンダーソン作品の常連であるアンジェリカ・ヒューストンやビル・マーレイが脇役で出ていますが、マーレイは冒頭の数分間で終了という人を喰ったような作品です。
まあ、全く似ていない主役の3人が兄弟という設定の時点で人を喰った映画と言えそうです (^^;;

アンダーソン作品は「ライフ・アクアティック」しか見ていないのですが、本作のテンポもかなりのオフビートです。
前半は独特の映像は面白いものの、ストーリーはイマイチでギャグも不発気味。
『これはハズしたかなぁ…』という感じで見ていたのですが…。

自分の評価は★★★★のお薦め。
中盤以降の展開は素晴らしくラストまでは一気でした。
何と言っても、最近のハリウッド映画が忘れかけている“セリフではなく映像で語る”という演出が素晴らしいのです。
こういう演出なら、あれだけいがみ合っていた3兄弟が絆を取り戻す展開も説得力があるというもの。
冒頭シーンと同じようにスローモーションを使って対比させたラストシーンもバッチリ決まっています。

アンダーソン監督ならではのテンポと映像はクセになりそう。
もっとアンダーソン作品を見てみたい…と思わせるだけの魅力に溢れた1本でした。

○本日のオマケ
劇中、印象的なシーンで流れるローリング・ストーンズの「Play With Fire」
他にはキンクスの曲やジョー・ダッサンの「オー・シャンゼリゼ」なども使われています。

この記事へのコメント

satoshi
2013年04月03日 17:42
ウェス・アンダーソン監督の「ダージリン急行」がアップされていたので久しぶりのコメントを!
以前はまったく監督の今年らなかったのですがに「天才マックスの世界」が好きって方の話を聞いて、試しに見てみたら・・・これが即、ハマってしまいました。
ビル・マーレイも大好きだし(^o^)丿
監督の人間を見る目、描き方、テンポも音楽も最初から最後までツボでした。
この後の「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」も「ライフ・アクアティック」もこの「ダージリン急行」もよかったです。
アニメの「ファンタスティック Mr.FOX」も監督らしさがあって楽しめたけれど、これはもう1歩?
やっぱり生身の人間のがいいですね。
新作の「ムーンライズ・キングダム」も今年に公開されたばかりで楽しみです。

今月のクイズにも挑戦ありがとう。
今回の映画は見られてないかなぁ?
ラブストーリー的なものは苦手だった?
今まで出てるヒントは。
「昼下がりにお茶とケーキ!」
「第2シーンのヒント「シャンパンに角砂糖!」
「男女の恋模様?家族の物語」
「兄弟とある女性とのお話」
「バックがオペラと関係あり」
「出だしがディーン・マーティンの歌」
ひとつ特別ヒントを・・・夜空を見上げたら!

美味しいものがたくさん出てくる映画です。
つい最近も真似て○○○トースト作って・・・美味しかったです、

見られてないのかなぁ?
タラララ
2013年04月03日 19:25
「天才マックスの世界」も評判が良いですね。
この作風、ダメな人はダメだと思うのですが、クセになると見事に嵌まってしまいます。
他のアンダーソン監督作も少しずつ見ていきたいと思っています。

クイズは特別ヒントを頂いても分からないので…。
多分、未見の映画ではないでしょうか。
もっとも最近はボケが激しいので、単に忘れているだけかも知れません (^^;;
satoshi
2013年04月05日 20:18

「天才マックスの世界」は僕的にも超オススメです。
監督のセンスには脱帽でした。

今回のクイズの映画はどうも見られてないようですね。
やっぱりラブストーリー的なものは苦手だった?
ここのレビューにも見当たりませんでした。
それではコソっと・・・シェールがアカデミー主演女優賞を受賞したMOONSTRUCKでした。
見られてなかった?
タラララ
2013年04月05日 23:37
残念ですがクイズの映画は見てないようです。
すいません m(_ _)m