chapter2051:007は二度死ぬ

画像007は二度死ぬ(1967)
YOU ONLY LIVE TWICE
監督:ルイス・ギルバート
出演:ショーン・コネリー、若林映子、浜美枝


アメリカの宇宙船が国籍不明の宇宙船に襲われて姿を消す事件が発生。
アメリカはソ連の仕業だと非難しますが、イギリスは謎の宇宙船が日本へ着陸したという情報を独自の調査で得ていました。
イギリスは諜報員のジェームズ・ボンド(コネリー)を香港へ向かわせますが、何者かに暗殺されてしまいます。
香港でボンドの葬式が行われますが、これは敵の目を欺くためのカモフラージュでした。
密かに原子力潜水艦で香港を脱出したボンドは日本へ上陸します。
東京で日本の情報員アキ(若林)と接触したボンドは彼女の手配でイギリスの連絡員ヘンダーソン(チャールズ・グレイ)と密会。
日本の情報部局長・タイガー田中(丹波哲郎)と会うように指示されます。
ところが、その直後にヘンダーソンは殺されてしまうのですが…。

イアン・フレミングの原作を映画化したシリーズ第5作。
後に「ダイヤモンドは永遠に」で一時的に復帰しますが、ショーン・コネリーは本作でボンド役を降板します。
日本が舞台になっていることもあって日本では大ヒット。
世界的にもヒットしましたが、興行成績では前作「サンダーボール作戦」より劣る結果になりました。

ご多分にもれず本作も日本が“不思議な国”に描かれてたり、日本人に変装したはずのボンドが全然日本人に見えなかったりするのはご愛敬。
そこは娯楽映画と割り切って楽しみましょう (^^;;

さて、アメリカの宇宙船が別の宇宙船に飲み込まれるアバンタイトルからも分かるように、それまでのシリーズよりスケールアップした内容です。
他のセットを見ても金が掛かっているのは明らかですが、全体的に荒唐無稽すぎて悪い意味でマンガ的になってしまいました。

秘密兵器である組立式の1人乗りヘリコプターは面白いアイデアですが、それを使った空中戦の特撮がダメダメで活かされていないのは惜しいですね。
スペクターの秘密ロケット基地で敵味方が入り乱れる集団戦のクライマックスもイマイチ盛り上がりません。
せっかくブロフェルド(ドナルド・プレザンス)がシリーズで初めて顔を見せてボンドと対峙するするのに、これというインパクトを残さずに終わるのも残念です。

自分の評価は★★の凡作。
見どころはショーン・コネリーに負けない貫禄を示した丹波哲郎と2人のボンド・ガール若林映子と浜美枝ぐらい。
車好きならボンドカーに選ばれた特別仕様のトヨタ2000GTを愛でたり、格闘技ファンなら横綱・佐田の山やプロレスラーのピーター・メイビア(WWEのロック様ことドウェイン・ジョンソンのお爺さん)を見られる楽しみがあるかも (^^;;
松岡きっこや松崎真が一瞬だけ登場するので、それを探すのも一興かも知れません。

今回の鑑賞で『My name is Bond, James Bond』というお約束のセリフがないことに気づきました。
色んな意味でシリーズの異色作ということでしょうか。

○本日のオマケ
ナンシー・シナトラが歌うテーマ曲
映画で使われたのとは別バージョンです。

この記事へのコメント

satoshi
2012年03月12日 21:36
ミラクル!
今日は朝からとってもバラエティに富んだお天気でした。
朝からかなり風が吹いていて寒く曇っていて、たまに晴れも間もチラチラ。
午後から雪と思ったら丸い小さい玉のようなアラレがパラパラ降ってきました。
少しの間だけでそのあとは日が照ったり曇ったり雨が降ったりまた晴れたり、今度はふわっとした雪が降ったりで変なお天気でした。
今日は県北ではかなりの大雪だそうです。
今もかなり寒いです。

「007は二度死ぬ」もロードショーで。
タラララさんは★★の凡作・・・まぁこの種のはこれでいいですが(^o^)丿
ナンシー・シナトラのテーマ曲も当時、大ヒットしましたね。
satoshi
2012年03月12日 21:37
またまたご心配おかけしましたが、よく考えたらデジカメがちょうど顔の前にあったのでケガが少なくて済んだんですよね。
壊れたデジカメに感謝です。
手のすり傷もと唇の傷はホンの少し、唇と口の中も少し切っていたと思ったらこれは口内炎でした。
ハチミツは今ないので塩水でウガイをガラガラ何度かしたらこれがかなり効いてもう坊よくなりました。
僕は今年もあまりよくないかな?
ではいけないのでまた同じ岡山神社にお参りしてきましたよ。
しばらくは前のデジカメで我慢ですね。
でもこれの液晶はなんと1.5インチ、3インチのを使ってしまったからもうかなりキツイです。
面積でいったら4倍違いますからね。
まぁまた慣れるかな?

このところまだDVD化されていなかった「リリー」「ハロルドとモード/少年は虹を渡る」が出てニコっとです。
「リリー」はビデオて見たけれど、「ハロルドとモード/少年は虹を渡る」は初ソフト化?
「ハロルドとモード/少年は虹を渡る」は岡山のお店でもレンタルされてるようなので近いうちに、「リリー」はネットレンタルか最近、ツタヤではじまった取りよせしてもらうか?
市立図書館には入ると思うけれどいつになるかだし・・・。
タラララ
2012年03月13日 20:08
昨日はこちらも雨が急に降ったりで変な天気でした。
自分が子供の頃は、口内炎には直接塩を塗りつけていました (^^;;
その時はメチャクチャ痛いのですが、2~3日で治りました。

「リリー」と「ハロルドとモード」は自分もネットレンタルのリストに入れています。
順位は下の方なので、見られるのはかなり先だと思います (^^;;