chapter1926:007/ゴールドフィンガー

画像水曜ロードショー、1978年4~6月分の放映リスト。
〈 〉内は放送時のタイトル、(再)は再放送です。

4月5日「007/ゴールドフィンガー」(1964)
 監督:ガイ・ハミルトン、出演:ショーン・コネリー
4月12日「アラビアのロレンス・前編」(1962)
 監督:デヴィッド・リーン、出演:ピーター・オトゥール
4月19日「アラビアのロレンス・後編」(1962)
 監督:デヴィッド・リーン、出演:ピーター・オトゥール
4月26日「華麗なる大泥棒」(1971)
 監督:アンリ・ヴェルヌイユ、出演:ジャン・ポール・ベルモンド
5月3日「007/ロシアより愛をこめて」(1963)
 監督:テレンス・ヤング、出演:ショーン・コネリー
5月10日「史上最大の作戦・前編」(1962)
 監督:ケン・アナキン、アンドリュー・マートン、ベルンハルト・ヴィッキ、出演:ジョン・ウェイン
5月17日「史上最大の作戦・後編」(1962)
 監督:ケン・アナキン、アンドリュー・マートン、ベルンハルト・ヴィッキ、出演:ジョン・ウェイン
5月24日「ベン(再)」(1972)
 監督:フィル・カールソン、出演:リー・ハーコート・モンゴメリー
5月31日「ホット・ロック」(1972)
 監督:ピーター・イエーツ、出演:ロバート・レッドフォード
6月7日「盗みのプロ部隊」(1969)
 監督:ジュリアーノ・モンタルド、出演:エドワード・G・ロビンソン
6月14日「ブレイカー!ブレイカー!〈トラックファイター 西部コンボイ野郎必殺拳!〉」(1977)
 監督:ドン・ヒューレット、出演:チャック・ノリス
6月28日「禁断の惑星」(1956)
 監督:フレッド・マクロード・ウィルコックス、出演:ウォルター・ピジョン

DVD化されているのは「007/ゴールドフィンガー」「アラビアのロレンス」「007/ロシアより愛をこめて」「史上最大の作戦」「ホット・ロック」「禁断の惑星」の6本です。


007/ゴールドフィンガー(1964)
GOLDFINGER
監督:ガイ・ハミルトン
出演:ショーン・コネリー、オナー・ブラックマン、ゲルト・フレーベ


メキシコの秘密工場の爆破を終えたジェームズ・ボンド(コネリー)はマイアミへ飛び、CIAのフェリックス・ライター(セク・リンダー)と情報を交換。
金の密輸で利益を上げている大富豪オーリック・ゴールドフィンガー(フレーベ)の監視をライターから依頼されます。
ホテルのプールサイドでゴールドフィンガーがイカサマのトランプで稼いでいるのを見破ったボンドはその邪魔をします。
その際、ゴールドフィンガーの部屋にいたジル・マスターソン(シャーリー・イートン)と仲良くなったボンドは、さっそく彼女を自室へ招待。
ところが、ゴールドフィンガーの右腕オッド・ジョブ(ハロルド坂田)に殴られて気絶してしまいます。
ボンドが目覚めてみるとジルは全身に金粉を塗られてベッドの上で絶命していました。
一旦ロンドンへ戻った後、ボンドはゴールドフィンガーを追ってジュネーブへ。
秘密兵器を搭載した特別仕様のアストンマーチンでゴールドフィンガーを尾行中にボンドは何者かに狙撃されるのですが…。

「ドクター・ノオ」「ロシアより愛をこめて」に続くシリーズ第3作。
監督は前2作のテレンス・ヤングからガイ・ハミルトンに交替しています。
「ロシアより愛をこめて」以上に世界中でヒットし、シリーズの人気を決定づけた作品と言えるでしょう。

ゴールドフィンガーとオッド・ジョブはシリーズでも魅力的な悪役キャラクター。
金相場を変動させるためにフォートノックスの金塊を強奪することだと思われていたゴールドフィンガーの計画が、盗まなくとも目的を達成できるという設定はお見事です。
これ以降のシリーズで重要アイテムとなる“ボンド・カー”も初登場していますし、シリーズ中でも人気があり評価も高い作品です。

が、自分の評価は★★★。
ほとんどボンドが活躍しておらず、個人的にはあまり好きではありません。
中盤でゴールドフィンガーに捕まってからは、ほぼ最後まで囚われの身のままで、あまりボンドが仕事をしているように思えないのです。
まあ、ゴールドフィンガーの部下だったプッシー・ガロア(ブラックマン)をたらし込んで寝返らせたのはボンドらしいと思いますけど (^^;;
全体的に“お色気”が足りないのも不満点でしょうか。

ちなみに全身に金粉を塗られたシャーリー・イートンが皮膚呼吸できずに殺されてしまうという描写は医学的に間違いなのだとか。
この映画の影響で人間も皮膚呼吸をすると思っていた方は多いのではないでしょうか。
自分も数年前までそう思っていましたから (^^;;
このシーンは見た目のインパクトも強烈で、シリーズの名シーンの1つですね。

○本日のオマケ
シャーリー・バッシーが歌う主題歌
こちらはシリーズ屈指の名曲ですね。

この記事へのコメント