“タラ”と“ララ”に愛をこめて

アクセスカウンタ

zoom RSS chapter2683:クリスタル殺人事件

<<   作成日時 : 2017/05/03 16:44   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像アガサ・クリスティの「鏡は横にひび割れて」を読了。
エレキュール・ポワロと並ぶクリスティの二枚看板、ミス・マープル・シリーズの第8作です。

さすがに70歳を越えた晩年の作品なので、ミステリーとしては凡作でしょう。
終盤にバタバタと起こる2番目以降の殺人は蛇足感が拭えず、それらの犯人もウヤムヤのままで終わってしまいます。
それでも腐っても鯛。
さり気ない会話に伏線が隠されていたりで、最後まで退屈せずに読めました。
評価:★★★


画像クリスタル殺人事件(1980)
The Mirror Crack'd
監督:ガイ・ハミルトン
出演:アンジェラ・ランズベリー、エリザベス・テイラー、ロック・ハドソン


上記「鏡は横にひび割れて」の映画化。
ヒットした「オリエント急行殺人事件」からシリーズ化された“クリスティ原作もの”の第3弾です。
例によってオールスター・キャストなので、クレジット順に並べてみましょう。
トップ・クレジットはマープル役のアンジェラ・ランズベリーで、以下アルファベット順にジェラルディン・チャップリン、トニー・カーティス、エドワード・フォックス、ロック・ハドソン、キム・ノヴァク、エリザベス・テイラーという面々。
ハリウッド映画がロケのため、イギリスの片田舎へやって来る…という設定なのでアメリカの俳優が多いですね。
他にチャールズ・グレイが執事役、ナイジェル・ストックやヒルデガード・ニールが冒頭で上映される映画の中の俳優として登場します。
さらにチョイ役で無名時代のピアース・ブロスナンも。
彼はセリフこそありませんが、テイラーの相手役としてアップで映るのですぐに分かると思います。

登場人物が刈り込まれていたり、いくつかのエピソードが削られてはいますが、ストーリーは原作に忠実。
イギリス映画らしいユーモラスなシーンもあって、なかなか楽しめます。
なかでもハリウッド女優役のテイラーとノヴァクのやり取りは、『これって演技じゃなくて素じゃないの』と思わせるぐらい面白いですね。

自分の評価は★★★。
マープル役のランズベリーはミス・キャストという気もしますが、謎解きよりも悲劇性にスポットを当てた構成は成功してるのではないでしょうか。
公開当時に流行していた「なんとなくクリスタル」に肖ったであろう陳腐な邦題は最悪ですけど (^^;;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
これは見てないかなぁ。
ガイ・ハミルトンって去年亡くなったんですね。「死んだと思って他のに生きていた人」ってけっこういるのかも。
HOSHIO
2017/05/09 01:44
言われてみればガイ・ハミルトンも去年に亡くなってますね。
自分もここ数年は気になる訃報が多すぎて頭の中で整理がつかなくなってます (^^;;
タラララ
2017/05/09 11:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
chapter2683:クリスタル殺人事件 “タラ”と“ララ”に愛をこめて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる