“タラ”と“ララ”に愛をこめて

アクセスカウンタ

zoom RSS chapter2680:SFソードキル

<<   作成日時 : 2016/05/08 20:31   >>

トラックバック 0 / コメント 4

冨田勲さんの訃報です。

食事中に7時のNHKニュースで知ったのですが、箸を持ったまま数秒間フリーズしてしまいました。
幼少期の自分はテレビから流れる冨田さんの音楽を聞いて育ったような気がします。
「新日本紀行」「ジャングル大帝」「リボンの騎士」「どろろ」など名曲は数多いですが、大好きな「キャプテンウルトラ」「きょうの料理」を。
ご冥福をお祈りします。


画像SFソードキル(1984)
GHOST WARRIOR
監督:J・ラリー・キャロル
出演:藤岡弘、ジョン・カルヴィン、ジャネット・ジュリアン


1522年、戦国時代の日本。
掠われた恋人チドリ(ミエコ・コバヤシ)を取り返そうとした武将タガ・ヨシミツ(藤岡)は敵の奸策に嵌まってしまいます。
チドリは殺され、ヨシミツも負傷して湖へ落下してしまうのでした。
それから400数十年後、雪崩で地上に露出した洞窟の中から氷漬けになったヨシミツが発見されます。
やがてヨシミツは蘇生できるかどうかの実験材料として、ロサンゼルスの研究所に送られることに。
リチャーズ博士(カルヴィン)の実験は見事に成功し、ヨシミツは現代に蘇ります。
実験を取材していた女性記者クリス(ジュリアン)の提案で研究所内に日本式の部屋が用意され、ヨシミツは順調に回復します。
しかし、彼の持っていた刀が価値ある名刀だと知ったスタッフ(クリス・キャプトー)が盗みを計画。
力ずくできたスタッフを斬り殺したヨシミツは研究所を脱出してしまうのですが…。

我らが藤岡隊長が初めて外国映画に出演した記念すべき作品。
1980年代に「ZOMBIO 死霊のしたたり」や「フロム・ビヨンド」などのB級(低予算)ホラー映画で成功したエンパイア・ピクチャーズが製作しています。

冒頭、戦国時代の日本のはずなのにロケ地がどう見てもアメリカ(しかも西部劇に出てきそうな)にしか見えないことに苦笑。
ところが、続くアクション・シーンは殺陣のできる役者(日本人?)が相手だったため、それなりの迫力で驚かされます。
その後も銃を持った相手との対決など、要所要所にアクション・シーンが出てくるので意外と退屈しません。
例によって“変な日本(人)”が登場するのはご愛敬ですが、戦国時代の日本人と現代アメリカ人のギャップも楽しめたりします。
レストランに連れて行かれた藤岡弘を見た客が『おお、三船敏郎!』と言うギャグは笑えました (^^;;

SFと呼ぶにはあまりに荒唐無稽なお話しでしょう。
それでも現代のサムライこと藤岡先生の頑張りで期待以上の面白さ。
80分強と時間も短いですし、藤岡ファンならずとも見ておいて損はない作品になっていると思います。
自分の評価も及第点の★★★です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ひょっとして冨田さんのことを書くために本編をアップしたとか…
こちらで書かれると思ったので自分のブログでは採り上げませんでした。煌星のような名曲をあれだけ残しながらまだ84歳だったことは正直驚きです。(父と同じ年の生まれです)

「マイティジャック」と甲乙付けがたいですが、僕は「勝海舟」のメインテーマが好きです。
HOSHIO
2016/05/08 20:52
今晩アップしようと用意していたら冨田さんの訃報が…。
「マイティジャック」は覚えていましたが、「勝海舟」ってどんなだったけ?とYouTubeで確認したところ…。
冒頭の不協和音のピアノ、ちゃんと覚えてました。
この頃の大河ドラマは全部見ていたはずなんですけどね。
「勝海舟」は主役が途中で交代したこと以外は記憶にないんです (^^;;
タラララ
2016/05/08 21:41
後藤次男さんってまだご存命だったんですね。92歳で老衰は大往生というところでしょうか。クマさんのトラ情報、中身はまったく思い出せませんがタイトルだけは覚えています。あとは元プロ野球選手とは思えないフツーのおっさんのしゃべりのトーン。

訃報ブログには欠かせないかと思ってコメントしました。
HOSHIO
2016/06/04 23:43
訃報ブログ的には、そこはクマさんじゃなくてモハメド・アリな気がします (^^;;

後藤さんと言えば、“人柄の良さだけで監督になった人”ですね。
サンテレビの解説でも人柄の良さが出ていました。
当時のサンテレビの解説として思い出すのはクマさんと鎌田実さんかな。
ありましたねえ「クマさんのトラ情報」ってコーナー。
自分も内容は全く覚えてません (^^;;
阪神初の最下位監督でしたが、あの頃の阪珍じゃあ誰が監督でも似たような結果だったでしょう。
貧乏くじを引かされたというイメージがあります。
タラララ
2016/06/05 14:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
chapter2680:SFソードキル “タラ”と“ララ”に愛をこめて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる