“タラ”と“ララ”に愛をこめて

アクセスカウンタ

zoom RSS chapter2676:メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー

<<   作成日時 : 2016/04/14 20:07   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像大平透さんの訃報です。

ハクション大魔王、グズラ、ガッチャマン、そして「スパイ大作戦」に喪黒福造…。
自分は子供の頃からこの人の声を聞いて育ったようなものです (ノД`)
86歳ですか、ありがとうございました。
ご冥福をお祈りします。


メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー(2013)
METALLICA THROUGH THE NEVER
監督:ニムロッド・アーントル
出演:デイン・デハーン、ジェームズ・ヘットフィールド、ラーズ・ウルリッヒ


カナダ、バンクーバーのBCプレイス・スタジアムで開催されるメタリカのライブは売り切れるほどの大人気。
満員の観客で埋まったスタジアムにメタリカが姿を現し、演奏を開始します。
ツアー・スタッフのトリップ(デハーン)も通路でライブを見ていましたが、すぐに仕事を言いつけられます。
それは『コンサートに必要な大事な荷物が届いていないので、すぐにトラックを探して荷物を持ってこい』というもの。
スタッフと言っても使いっ走りにすぎない彼が断れるはずもなく、後ろ髪を引かれる思いでスタジアムを後にします。
ところが、停止線をオーバーして信号待ちをしていた彼のバンは横から来た車に突っ込まれて横転。
トリップは気を失ってしまうのですが…。

名実ともに世界一のヘヴィメタル・バンドであるメタリカ。
そのメタリカ主演の映画があると知ったのは、BABYMETALが紹介する予告編でした。
これは見てみたいとレンタルで探しましたが見つからず。
メタリカは嫌いなバンドではありませんが、DVDやブルーレイを買うほどのファンではないので、そのまま放置 (^^;;
今年になって廉価版のブルーレイが出たので購入しました。

メタリカのライブと主人公青年の物語を並行して描いた異色の音楽映画。
ライブで1曲終わると主人公のストーリーが進み、また次の曲のライブが映し出される…というのが基本的な構成になっています。
元は3D作品だったようで、それを意識した演出もあちこちに見られますね。

メタリカのライブ自体は大掛かりで見応えがあり、演奏する曲も有名どころを選んでいるので退屈しません。
問題なのは主人公の悪夢のような体験を描いたストーリー部分。
ホラー風味もあり、見せ場となるアクション・シーンも満載ですが、かなりシュールな展開です。
一応、メタリカが演奏している曲と関連していたりするものの、不条理劇が好きな自分でもちょっと付いていけませんでした (^^;;

自分の評価は★★の失敗作。
曲数も少なく、曲の最後が端折られていたりするので、メタリカのライブ映像としては中途半端な印象です。
これなら普通にライブ・ビデオを見た方が数倍楽しめるのではないでしょうか。
ストーリー部分にも同じことが言え、ライブから切り離して30分ぐらいの短編にした方が面白いような気がします。
メタリカの大ファンならば満足できるのかも知れませんが、自分にはかなり退屈な作品でした。

○本日のオマケ
映画「続・夕陽のガンマン」の中で使われたエンニオ・モリコーネ作曲の「The Ecstasy of Gold」
メタリカのライブ開始時に流れる曲として有名です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
大平透さんが亡くなりましたか.
TV全盛期を支えた人たちがお亡くなりになるのは寂しいですね.
ご冥福を祈ります.

メタリカ・・・名前は聞いたことがります.曲の方も聞いたことはあるのでしょう.しかし,バンド名と曲がまったく一致しません.
しゅー
2016/04/17 12:20
こればかりは順番なので仕方のないことですが、寂しいですね。

メタリカはメタルとかハードロックとかが好みでない人には辛いかも…。
アルバムなら「ロード」か「メタリカ」(通称ブラックアルバム)あたりが聞きやすいかも知れません
タラララ
2016/04/17 14:58
大平さんはテレビ、アニメの黎明期から活躍しておられますが、それを思うとテレビの歴史ってまだ浅かったんだなぁ、と思ったり。最初をご存じの方がまだご存命だったわけですからね。

でも熊倉先生も亡くなったので、これが「最初を知る最後の世代」でしょうか。あ、冨田耕生さんはまだご存命でしたね。調べてみたらビッグXやジャングル大帝の太田淑子さんもまだご存命でした!(小林清志さんはお年は召してますが僕の中ではやや「新しい」世代)

関係ないですけど、クラプトンは後何回武道館でやるつもりなのでしょうか。
HOSHIO
2016/04/18 19:19
富田耕生さんと言えばヒゲオヤジですね。
太田淑子さんは「リボンの騎士」と「ジャングル大帝」でしょうか。
改めて手塚アニメから多大な影響を受けてることを実感します (^^;;

自分の初の外タレ公演もクラプトンだったはず。
その後、何回見たのか覚えていませんが、最もライブで見ている外タレなことは間違いなさそうです。
今回が最後の来日公演らしい(前回もそんな風に言ってたような気もします)ですが、ミュージシャンとレスラーの“最後”はアテにならないことが多いので果たして…。
タラララ
2016/04/18 22:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
chapter2676:メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー “タラ”と“ララ”に愛をこめて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる