“タラ”と“ララ”に愛をこめて

アクセスカウンタ

zoom RSS 訃報:キース・エマーソン

<<   作成日時 : 2016/03/12 17:24   >>

トラックバック 0 / コメント 3

なんと今度はキース・エマーソンの訃報が。
この4月に東京と大阪のビルボードでライブをする予定だったのに…。

しかもどうやら自殺らしいと知り、もう何と言っていいのやら。
言葉を失います。
今はご冥福を祈るしかありません。

個人的にELPで好きなアルバムは「タルカス」ですが、1曲だけと言われたら「悪の教典#9(Karn Evil 9)」を選びます。
この曲、30分近い大作でアナログLPだとA面とB面に分かれていたため、連続して聴けるようカセット・テープに編集したのも懐かしい思い出です。
ちなみにそのテープの裏面はピンク・フロイドの「狂ったダイアモンド(Shine On You Crazy Diamond)」を同様に編集したものでした (^^;;

月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
と、思ったので自分のブログでは触れませんでした。

僕の世代ではオケバージョンより先にELPで「展覧会の絵」を聴いた人もそこそこいると思います。某掲示板では冨田勲、リック・ウェイクマンと並び称されていましたが、シンセの伝道師という意味では納得の人選でした。

まあ冨田さんはコンポーザーとしての業績が圧倒的すぎますが。
HOSHIO
2016/03/12 23:03
もうね、なんかね、レジェンドと言われる方々はもうそれなりのお歳なので、ある程度は仕方がないとは心得てますが、今回はちょっと厳しすぎるなー.
何があったのかは知らないけれど.
病気を苦に、という話もあるけど来月来日も控えていたわけだし、魔が差したとしか思えない.
リック・ライト、ピート・バーデンス、ジョン・ロード、エドガー・フローゼ・・・なんでキーボディストは早死になんだ!?
トースケ
2016/03/13 00:33
>HOSHIOさん
自分はクラシックをほとんど聞いたことがなかった(今も大して変わりませんが)ので「展覧会の絵」はELPが最初でした。
「惑星」は冨田勲だし、「禿げ山の一夜」もボブ・ジェームスが最初だったりします。
古いシンセは訳の分からないコードがいっぱい刺さっていて、それに囲まれて演奏するエマーソンが格好良かったです。

>トースケさん
今年はショックな訃報が多すぎますよね。
これからも続くんでしょうけど…。
最近はライブへ出掛けることも少なくなりましたが、レジェンド・クラスが来日した時はなるべく都合をつけるようにしたいです。
去年のUKも「ああ、見ておけばよかった…」なんてことがありませんように…。
タラララ
2016/03/13 11:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
訃報:キース・エマーソン “タラ”と“ララ”に愛をこめて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる